×

CATEGORY


 バナー

CATEGORY



名入れサンプル集
事例にみる好適品 こんなものが選ばれています
 セール商品

INFORMATION

MENU


SHOP INFO

ヒライ贈商
鴻巣市の贈答品、記念品、冠婚葬祭の引出物、賞品、名入れグッズまで、ギフトの事ならなんでも「ヒライ贈商」におまかせください!昭和48年の創業以来地域に根ざして、皆様のお役に立つサービスのご提供に邁進してきた信頼と実績のあるギフト専門店です。
>>店舗紹介はこちら
HOME»  ギフトマナー

ギフトマナー

お祝いの金額目安について

お祝いの金額目安について
お祝いの金額目安について

【出産祝い】
親族 10,000~20,000円
友人・知人 5,000円~10,000円

【結婚記念日の場合】
5,000円~30,000円

【長寿祝い】
10,000~50,000円

【退職祝い】
10,000~30,000円

お祝いの金額目安について
お祝いの金額目安について

【入園入学・就職・成人祝い】
入園入学祝い 5,000円~10,000円
就職・成人祝い 10,000~30,000円

【新築・新居祝い】
5,000円~10,000円

【昇進・栄転祝い】
3,000円~30,00円

のし紙について

のし紙について

のしの種類について

熨斗(のし)とは、慶事における進物や贈答品に添える飾りのことです。 のしは用途や種類によって使い分けも変わってきますのでここでは代表的な例で用途に合わせた表書きをご紹介していきます。

結婚時のお祝いやお返し

用途 のし表書き 用途 のし表書き
結婚祝い 寿/御祝/御結婚御祝 結婚内祝い 寿/内祝
結婚式引出物 寿

長寿や結婚記念日のお祝い

用途 のし表書き 用途 のし表書き
還暦祝 寿/御祝/祝還暦 古希祝 寿/御祝/御古希御祝
喜寿祝 寿/御祝/御喜寿御祝 米寿祝 寿/御祝/御米寿御祝
白寿祝 寿/御祝/御白寿御祝 銀婚式 寿/御祝/銀婚式御祝
金婚式 寿/御祝/金婚式御祝

その他お祝いやお返し

用途 のし表書き 用途 のし表書き
出産祝 御祝/寿/出産御祝 出産内祝い 内祝/寿/出産内祝
開店祝 御祝/御開店祝 開業祝 御祝/御開業祝
新築祝 御祝/御新築祝

季節の贈り物

用途 のし表書き 用途 のし表書き
迎春 御年賀・御年始 お中元 御中元
お歳暮 御歳暮

お見舞いやお返し

用途 のし表書き 用途 のし表書き
お見舞い 御見舞 お見舞いのお礼 御礼
快気祝い 快気内祝/内祝

お礼

用途 のし表書き 用途 のし表書き
謝礼 御礼/謝礼 手みやげ 粗品/お土産

葬儀(お悔やみ)やお返し

用途 のし表書き 用途 のし表書き
通夜・葬儀 御供/御仏前/御霊前 葬儀お返し 志/粗供養

法要(供養)やお返し

用途 のし表書き 用途 のし表書き
法要供え物 御供/御仏前/御霊前 法要お返し 志/粗品/粗供養

お問い合わせ

商品に関するご質問や、各種ギフトに関するご相談まで幅広く承っております。
電話一本で相談に伺いますので、お気軽にご相談ください。

TEL 048-542-3637 FAX 048-542-3535

フォームはこちら

ギフトの豆知識

お返しの金額の目安は?

いただいた金額の4割から6割くらいを目安にされていらっしゃいますが、特に決まりはなく
みなさん、感謝お気持ちをお品物にたくしてお返しされてらっしゃいます。


贈り物、お返し物にタブーのものはあるの?

・病気のお見舞いに➡鉢物=病気が根ずくということから
・出産等のお子様へのお祝い品➡下に敷いて使うもの=踏むもの
・ご結婚のお祝い品➡包丁等=縁を切るということで
・etc.

今までの慣習として人の解釈としてあるものなので必ずしも制約を受けるものでないいう考えもございます。
たとえば解釈を変えただけで好適品にもなります。たとえば、包丁などは”運命を切り開く”という意味もございます。

どのお品も品物を「役立ってほしい」。「喜んでいただきたい」とメーカーさん、職人さんがが丹精をこめられ生産されているますので。「この品物は絶対ふさわしくありません」という物は基本的にはないと思います。
お相手の方やお相手もみなさんのことをお考えになって考えたものが、一番だと思いますし、選定者の方が”これでよい”と思ったものが一番だと思います。
また親しい間柄のご贈答の場合は、お相手の方と事前にコミュニケーションも取れるので、先に軽く選定の理由を伝えておくこともできますのでけばタブーといわれるものや一般的でないもので、も素晴らし贈り物となるでしょう。

商品券、クオカードのお返しにつきまして、贈り物のジャンルによっては大変喜ばれるお返しになると思いますが、個人的に思うところをお伝えするのをお許し頂ければば、ご贈答の意味や、受け取られるかたの状況もあることを考えたとき一考を要すると思います。そのうえで、もしご利用になられる時には、タオルの箱入り等、ギフト商品の上に券をのせてお返しされるとよいと思います。